Skip to main content
Welcome to the Foundation for Oral Rehabilitation: The online learning resource for dental professionals

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

icon-play

Expert videos

歯科インプラント治療は、調和のとれた審美性の獲得のために絶えず進化しています。この発表では、脆弱な軟組織部であるインプラント/アバットメント周囲に生物学的な利点をもたらす新たなOn1コンセプトにフォーカスしています。補綴修復プラットフォームを骨レベルから軟組織レベルへ移行させることにより、軟組織の治癒を妨げることのない修復を提供します。
Dr. Touatiは、「ワンベース/ワンタイム」という概念がどのように機能するのか、また補綴修復においては、セメント固定またはスクリュー固定の選択が可能であることや...

icon-play

Expert videos

インプラント周囲炎は、科学的な議論における非常に重要なトピックです。インプラント治療がスタートした当初、辺縁骨の喪失は稀でした。Dr. Kokaはosseosufficiencyの概念について、インプラントが失敗するのか、インプラント治療の失敗はむしろ異物または不適切な治療コンセプトへの生体反応であるのかについて述べています。そうした意味では、歯周炎に類似したインプラント周囲炎という用語は、誤解を招く恐れがある。Osseosufficiencyは、患者、臨床医、そしてインプラントの総和が、オッセオインテグレーションを促進し永続させるのではないかと述べています...

icon-patient_case

Patient cases

69歳男性の患者が下顎左側臼歯部に3つのヒーリングキャップが装着され、絹糸による縫合がなされた状態で来院された。2本のインプラント埋入が施術されていた。2009年上顎左側に最初にインプラント埋入を行われ、術後は疼痛がなかった。新しい歯科医による2回目のインプラント埋入後、術直後より強い痛みがあり、患者はセカンドオピニオンを求めて来院した。

Guided Surgery
Posterior implants
Bone grafting and regeneration
icon-infographics

Infographics

無歯顎症例の修復にはさまざまな治療法があり、いずれの治療法も異なる理念と適応症があります。All-on-4 治療コンセプトは、無歯顎患者のためのグラフトレスソリューションです。このインフォグラフィックはAll-on-4 治療コンセプトの開発の発端から科学的背景に至るまでを深く掘り下げ、ふれています。
 

icon-checklist

Checklists

主要責任者:歯科衛生士/歯科助手
タイミング:術前診察終了後、患者様帰宅前
場所:診察室および/または受付

Preoperative procedures
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

今日、多く使用されているインプラントは、歯根の形状に類似したテーパー状のデザインです。ストレートウォールと比較した場合のテーパー形状の主な長所は、インプラントの即時埋入に理想的であること、隣接歯の歯根が近接した狭い間隙用にうまく設計されていること、スクリューデザインにより初期固定が良好であること、軟らかい骨質、先端の径が全方向に対し細くなっているために穿孔リスクが低いことです。テーパード・インプラントはあらゆる骨質に適応となりますが、骨を局所的に圧縮し、その結果インプラントの固定を高めるため、軟らかい骨質(D4)において際立った長所があります。こ