Skip to main content
Welcome to the Foundation for Oral Rehabilitation
The online learning resource for dental professionals

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

icon-play

Expert videos

世界のエキスパートが完全なデジタルワークフローを自身の診療に取り入れた方法と理由は何でしょうか?デジタルテクノロジーを習得することで、臨床医はすべてのデジタル情報を集積し、ソフトウェア上でバーチャル・ペイシェントを作成し、検査・診断を行い、補綴装置を設計し、インプラント埋入手術を計画することができます。これらはすべて、患者の機能的および審美的なニーズに応じて行われます。臨床医は、どのようにデジタルテクノロジーを活用し、グラフトレス、フラップレスの手術を実行するのか、そして手術時間と治癒期間を短縮し、痛みと合併症を減らすことができるかをご覧ください。

Digital workflow
Edentulous treatments
Immediate implant placement
icon-play

Expert videos

スピーカー:Eric Rompen, Tomas Albrektsson, Arturo Lobell, Tidu Mankoo, Cristiano Susin and Giorgio Tabanella.

なぜ新しいインプラントおよびアバットメントの表面性状を開発するのか?この講演では、この質問に対する答えを提供することにフォーカスしています。

Immediate implant placement
Soft tissue management
Implant surfaces

Scientific articles

表面陽極酸化が軟組織結合に与える影響を評価するため、陽極酸化( Xeal™表面および機械加工表面のチタン製ディスクを ヒト歯肉上皮細胞 (HGEPp )および 初代ヒト歯肉線維芽細胞 (HFIB G )の 培養基質 として使用 しました。HFIB G細胞は両表面間に有意な優先度を示さなかった一方、 HGEPp 細胞は Xeal™ 表面において有意に早い成長を示しました。

Soft tissue management
Esthetics
icon-play

Expert videos

サイナス・ボーングラフトは、インプラントの高い生存率が報告されている有効な治療法として認識されています。 側方アプローチ法では、骨に開窓部を設け、上顎洞の下側面から上顎洞膜を持ち上げて、洞粘膜と上顎洞の下壁の間に骨補填材を填入できるようにします。

Sinus augmentation
icon-patient_case

Patient cases

69歳男性の患者が下顎左側臼歯部に3つのヒーリングキャップが装着され、絹糸による縫合がなされた状態で来院された。2本のインプラント埋入が施術されていた。2009年上顎左側に最初にインプラント埋入を行われ、術後は疼痛がなかった。新しい歯科医による2回目のインプラント埋入後、術直後より強い痛みがあり、患者はセカンドオピニオンを求めて来院した。

Guided Surgery
Posterior implants
Bone grafting and regeneration
icon-infographics

Infographics

無歯顎症例の修復にはさまざまな治療法があり、いずれの治療法も異なる理念と適応症があります。All-on-4 治療コンセプトは、無歯顎患者のためのグラフトレスソリューションです。このインフォグラフィックはAll-on-4 治療コンセプトの開発の発端から科学的背景に至るまでを深く掘り下げ、ふれています。