Skip to main content
Welcome to the Foundation for Oral Rehabilitation : The online learning resource for dental professionals

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

icon-play

Expert videos

この講演では、X線診断とCBCTスキャンの基礎、また、どのようにソフトウェアベースの治療計画の診断機能が日々の臨床をサポートすることができるのかについて述べています。 CBCTスキャンは日常的には行いませんが、インプラント治療を目的に行われるのであれば、Dr Hugoは、歯周、歯内、その他、解剖学的な観点から、診断情報を最大限に獲得することができると奨励しています。臨床例を提示し、Dr. Hugoは、デジタル・トリートメント・ワークフローの手順を追って示し、セメント固定およびスクリュー固定の補綴設計の長所と短所について解説します。Dr Hugoは、Nobel...

icon-play

Expert videos

インプラント周囲炎は、科学的な議論における非常に重要なトピックです。インプラント治療がスタートした当初、辺縁骨の喪失は稀でした。Dr. Kokaはosseosufficiencyの概念について、インプラントが失敗するのか、インプラント治療の失敗はむしろ異物または不適切な治療コンセプトへの生体反応であるのかについて述べています。そうした意味では、歯周炎に類似したインプラント周囲炎という用語は、誤解を招く恐れがある。Osseosufficiencyは、患者、臨床医、そしてインプラントの総和が、オッセオインテグレーションを促進し永続させるのではないかと述べています...

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

長所

今日、多く使用されているインプラントは、歯根の形状に類似したテーパー状のデザインです。ストレートウォールと比較した場合のテーパー形状の主な長所は、インプラントの即時埋入に理想的であること、隣接歯の歯根が近接した狭い間隙用にうまく設計されていること、スクリューデザインにより初期固定が良好であること、軟らかい骨質、先端の径が全方向に対し細くなっているために穿孔リスクが低いことです。テーパード・インプラントはあらゆる骨質に適応となりますが、骨を局所的に圧縮し、その結果インプラントの固定を高めるため、軟らかい骨質(D4)において際立った長所があります。この長所は...

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

...

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

...

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

...