Skip to main content

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

Filters

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

X線撮影検査の目的

リコール開始時にX線撮影検査の目的を明確化し、必要の有無を判断することが重要です。X線撮影検査は、さらに詳しい検査を必要とする症状、既往歴または診察所見が認められる場合に限り行うことができます。具体的にな例としては、インプラント周囲感染症の徴候、組織/骨吸収、疼痛等が挙げられます。

選択すべきX線写真の種類

視覚化を必要とする対象によって異なります。

  • パラレル法による口腔内X線写真は、骨からインプラント表面までの距離をできるだけ正確に計測し、インプラント周囲の辺縁骨レベルを測定し...
Radiology
Aftercare / follow up
Peri-implant therapy
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

微生物叢パラメータ

インプラントの存在または本数は、無歯顎患者の唾液中および舌上の好気性および嫌気性菌種に影響を与えます。

インプラント周囲炎に認められる歯肉縁下生物叢は、試験によって差があります。部分無歯顎患者は、歯周病原菌が少ないことが報告されています。Prevotella nigrescensFusobacterium nucleatumP. gingivalisT. forsythiaTreponema denticolaおよびAggregatibacter actinomycetemcomitansは...

Peri-implantitis
Aftercare / follow up
Peri-implant therapy
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラント周囲の炎症および感染症

炎症はインプラント周囲の軟組織に限局する(粘膜炎)こともあれば、下部の骨組織に及ぶ(インプラント周囲炎)こともあります。感染症は、不十分な口腔衛生およびコンプライアンス、清掃性の劣る修復物のデザイン、口咽頭の攻撃的なミクロフローラ、インプラントの過重負担、不動性角化組織の欠如、歯肉縁下の残留セメント等、さまざまな危険因子によって起こります。

炎症の徴候をチェックするため、定期的な口腔衛生リコールを計画します。徴候は、軽度の腫脹、発赤および孤立性のプロービング時の出血(BOP)といった微妙なものもあれば、疼痛、明瞭な腫脹...

Peri-implantitis
Aftercare / follow up
Peri-implant therapy
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラント周囲組織の状態のモニタリング

X線検査による骨レベルの評価は、不必要な被曝を防ぐため、頻回に行うことができません。軟組織の炎症が進むほど、プロービングデプスと歯槽骨高径の相関が低下するとはいえ、軟組織をモニタリングすることは、下の骨に将来起こりうる問題を検出するのに有効です。ただし、プロービングデプスに漸進的な増加が認められた場合は、歯槽骨高径を計測し、初期高径からの変化を確認するため、X線検査を行う必要があります。

プロービングパラメータ

プロービングはインプラント表面の上皮付着を破壊しますが...

Aftercare / follow up
Peri-implant therapy
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラント周囲粘膜炎

インプラント周囲粘膜炎は、インプラント周囲の軟組織に生じる回復可能な炎症です。

インプラント周囲粘膜炎は、インプラントにより機能修復した被験者の約60%(施設により±30%)で認められています。

診断は診察所見に基づいて行います。感染部位には、発赤、浮腫、過形成、プロービング時の出血および過敏が認められます。排膿は、診断を裏付ける強力な徴候の1つです。粘膜退縮は常に認められるわけではなく、通常、X線検査では骨吸収は(未だ)確認できません。

インプラント周囲粘膜炎の主な原因は、歯肉縁下の残留セメント、口腔衛生およびメンテナンスに対するコンプライ...

Peri-implantitis
Peri-implant therapy
Local factors
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

3834-placement.png

装着

プロビジョナル固定式補綴物の装着

プロビジョナル補綴物の装着は、インプラントまたはインプラントアバットメントに変換義歯(患者の既存の補綴物または新しい変換義歯のいずれか)を装着することにより行います。プロビジョナル補綴物は、各インプラントに装着したテンポラリーシリンダーを使用して装着することができます。シリンダーは金属製またはプラスチック製です。プラスチック製のシリンダーは歯と同じ色をしているため、審美ゾーンに向いていますが、耐久性は金属製のシリンダーの方が優れています。

テンポラリーシリンダーに補綴物を正しく取り付けるために、変換補綴物を調整し、くりぬきます...

Implant prosthetics
Fixed prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

フレームワークの評価

この診療では、適合の精度、口腔清掃のためのアクセスが容易となる適切なカントゥアーならびに前装材を装着するために必要な剛性/強度と十分な空間の構造的形態のバランスに関して、補綴物のフレームワークを評価します。

適合の精度

機能荷重および習慣性運動時にパッシブフィットと最適なクロスアーチのストレス分布を確保するためには、フレームワークがインプラントまたはアバットメントに対してきわめて良好な適合を示す必要があります。アバットメントを使用する場合は、アバットメントに対するフレームワークの適合を直接目視で確認することもできます...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

3830-Trial-placement.png

試適

試適 – 機能的および審美的評価

試適は、無歯顎患者の治療を成功させるために重要なステップの1つです。試適は歯科医と患者が技工サイドで製作された義歯を実際に見ることのできる最初の機会であり、受容、修正または変更のいずれかを決定します。プロビジョナルワックスアップの咬合、機能および審美性に関して相互に満足の行くことを確認してから、フレームワークの作製や補綴物の加工といった新たなステップに進むようにします。

この人工歯配列は上下の無歯顎に対する歯の空間的位置を具体的に確認するためのオリエンテーション・インデックスとなり...

CAD/CAM
Implant prosthetics
Diagnosis and treatment planning
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

3820-Maxillo-mandibular-relations.png

顎間関係

左右的および前後的顎間関係の再構成

完全無歯顎患者の治療目標の1つは、適切な顔面高を構成する左右的および前後的顎間関係の再構成です。義歯の咬合接触状況は、これに従って定義されます。初期の診断・計画段階では補綴学的パラメータを用いて旧義歯を評価し、最終補綴物に反映される人工歯配列を作製しています。この製作物は、最終固定式補綴物に移される情報源です。対合歯列が可撤式補綴物で修復されている場合は、平衡咬合が推奨されます。

咬合床による方法

最終模型上で作製された基礎床とロウ堤による方法は、依然として、無歯顎患者の顎間関係を決定し...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

平行インプラント

インプラントが相互に平行であるかどうかを評価することが重要です。インプラントが相互に十分に平行である場合は(図1)、クローズ トレー印象法を使用することができます。インプラントが相互に平行に植立されているため、重合した印象を著しい抵抗を生じさせずに口腔内から取り外すことができます。印象用コーピングを 連結 するかどうかは、歯科医の個人的な好みの問題です。

Image removed.

非平行インプラント

臼歯部の傾斜埋入 インプラントと前歯部の垂直埋入インプラントを併用することによりインプラントの使用本数を減じたオールオン4 のような無歯顎治療では優れた長期予後が報告されてお...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

オープントレー法

固定式全部床義歯の製作において、最終印象を採得するためのオープントレー法は2つの選択肢(もう1つはクローズドトレー印象法)のうちの1つです。

オープントレー法は、とりわけインプラントが十分に平行に植立しておらず、複数の印象用コーピングが取り付けられている場合、適切に印象を撤去できない場合に適用されます。

テンポラリー/印象コーピングは、流動性のあるコンポジットレジン、印象用石膏またはアクリルレジンを用いて連結することができます(図1)。 コーピングを連結 すると、最終印象および模型の精度が上がり、確認用ジグの製作も容易になります。

印象トレーにアド...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

連結材の選択および精度に関する検討事項

印象を採得した基準模型との比較により連結印象法と非連結印象法を比較したin vitro試験では、総じて連結印象法の方が正確な作業模型を作製できることが示されました。また、常温重合レジン、印象用石膏および金属といった種々の材料による連結法を評価した試験では、この3方法ともすべて作業模型の精度を改善できるという総合所見が報告されています。ただし常温重合レジンを使用する場合は、最終重合ができるだけ小量ですむようにレジンの連結部位を分割し、少量のレジンの塗布を繰り返すことにより、重合収縮を最小限にとどめる必要があります。

治療結果

...
Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

目的

印象採得の目的は、粘膜に適合する補綴物またはインプラントにパッシブフィットする補綴物の製作に必要な組織の形態を正確に捕捉することです。

粘膜の形態を正確に再現した最終模型は、次のような補綴物を製作することができる利点があります。

  • 審美ゾーンの補綴物と粘膜の間に空隙や陰影が見えないため、審美的満足度が高い

  • 最適に機能し、発音も正確にできる。

  • 患者が簡単に清掃でき、組織の健康に必要な口腔衛生を確保できる。

インプラントの位置(高さ、角度、向き、隣接する軟組織の形態)を正確に再現した最終模型は、優れたパッシブフィットのフレームワークを製作することができます...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

デザインの基準

固定式インプラント補綴物は完全に固定され、インプラントにより支持されています。固定式インプラント補綴物の表現には、固定式全部床義歯、術者可撤式固定式補綴物、ハイブリッド補綴物またはオールオン4補綴物など、さまざまな用語が用いられています。

このタイプの補綴物に十分な生体力学的支持を付与するためには、概ね4~6本のインプラントが必要です。固定式全部床義歯の維持および支持に使用する インプラントの本数の最終的な判断は、各症例に特異的な生体力学的要因に基づいて行います。具体的には、修復対象の歯列、歯列弓の形態、骨量および骨質、対合歯列の状態(有歯顎vs...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

装着後の来院 – 注意事項

装着後の来院では、 装着時に注意深く評価した項目を再び検討し、必要な調整を行います。オーバーデンチャーの床の適合、辺縁、咬合、審美性、機能、快適さおよび総合的な患者の満足度 をチェックする必要があります。また、軟組織の治癒を評価し、腫脹が残っていないか確認します。弾性裏装材を設置した場合は、軟組織の治癒や収縮により義歯床の適合が低下し、裏装材の交換が必要になります。ほとんどの弾性裏装材は、機械的特性上、2~4週間毎の交換を必要とします。長期使用において吸収の進行と形態の変化により義歯床の適合が低下した場合は...

Implant prosthetics
Aftercare / follow up
Removable prosthetics