Skip to main content

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

Filters

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

テーパードインプラントと初期固定

テーパードインプラントは、骨への挿入時にその形状によって適切なプレドリリングを付与することにより周囲骨との接触圧を徐々に増大させるため、良好な初期固定を得ることができます。この初期固定のため、このタイプのインプラントは即時荷重や抜歯即時埋入に非常に適しています。また、ドリルおよびインプラント径がスタガ状に拡大して(staggered increase)おり、インプラントの一部を根尖部の骨に固定することによりしっかりと不動化させるため、とりわけ抜歯後の即時埋入にはテーパードインプラントが推奨されています。挿入トルク...

Immediate implant placement
Edentulous treatments
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントのデザイン

現在市販されているインプラントのほとんどは、ブローネマルク博士が最初にデザインし、「フィクスチャー」と命名したスクリューのバリエーションです。これが現在市販されているさまざまな製品の開始点であり、インプラントの素材、サイズ、肉眼的および顕微鏡的特性といった要素が組み込まれています。これらはすべてコマーシャリーピュアチタン(ブローネマルクが最初に選択した素材)、スレッド付きデザインおよび適度な粗面に依拠しています。インプラント埋入のためにさまざまな天然または至適修飾された宿主部位を活用する多種多様な治療計画に対応するため...

Implant designs
Implant surfaces
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

概論

無歯顎の治療では、治癒した部位および新たな抜歯窩へのインプラント埋入が入り混じることがあります。インプラント周囲、特にオトガイ孔間領域の硬組織、軟組織の不均一な高さ(図1、2)は、骨を同一の高さに揃えることで調整可能です。

短期追跡調査では、新たな抜歯窩と治癒部位の間にインプラント埋入に関する相違は見られませんでした。最近の文献では、抜歯即時埋入と即時荷重の組み合わせについても、インプラントの生存率を低下させないことが示されています。

新たな抜歯窩への抜歯即時埋入は、歯槽頂の吸収を防止することはできません。しかし、インプラントの即時埋入の利点は...

Immediate implant placement
Success & failure
icon-patient_case

Patient cases

Immediate implant placement
Anterior implants
Minimally invasive procedures