Skip to main content

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

Filters

icon-play

Expert videos

重度の顎顔面欠損再建のために様々な骨や軟組織のフラップが利用できます。Dr Rohnerは、顎顔面再建のために腓骨を用いる利点を示し、プレファブリケーションされた腓骨フラップによる再建テクニックの手順を示します。総合的な術前3Dプランニングは、プレートやドリリングガイド、カッティングガイドなど、手術に必要なツールを正しく設計・作製するために大変重要です。Dr Rohnerは、下顎骨または上顎骨を腓骨で置き換え、分層植皮片で新しい歯肉を形成する方法、またインプラント埋入後の治癒期間に暫間補綴物を準備する方法について、症例を用いて説明します。Dr Rohnerは...
icon-play

Expert videos

特に審美領域において、連続する複数のインプラントの治療は単数インプラントの治療よりもかなり複雑です。この講演では、治療計画にとって重要である臨床状況について:治癒した部位 vs 抜歯部位、前歯 vs 臼歯領域、上顎 vs 下顎、歯を失った原因、審美性についてディスカッションしています。Dr. Mitraniは様々な症例を挙げ、リスクマネジメントの観点からまとめ、評価をしており、また歯を失った原因と治療における生体測定識別肢の影響や軟組織構造上の3次元的インプラント・ポジションの影響、軟組織構造の予測可能性、審美性におけるリップラインの影響...
icon-play

Expert videos

この講演では、インプラントおよび天然歯支台の不適切なブリッジ修復に対する治療についてレビューします。Dr. GamborenaとLuc Ruttenが一連の治療の流れ、歯科医とラボの連携についても説明します。また、患者様の治療に対するモチベーション、歯と歯肉の両方を再建する上での治療の選択肢、修復のベースである診断用ワックスアップ、抜歯、インプラント埋入、結合組織移植テクニック、プロビジョナル、印象、セメント固定の手順、CAD/CAMを使った修復物の形状とデザインについてもディスカッションしています...
icon-play

Expert videos

この講演では、インプラントおよび天然歯支台の不適切なブリッジ修復に対する治療についてレビューします。Dr. GamborenaとLuc Ruttenが一連の治療の流れ、歯科医とラボの連携についても説明します。また、患者様の治療に対するモチベーション、歯と歯肉の両方を再建する上での治療の選択肢、修復のベースである診断用ワックスアップ、抜歯、インプラント埋入、結合組織移植テクニック、プロビジョナル、印象、セメント固定の手順、CAD/CAMを使った修復物の形状とデザインについてもディスカッションしています...
icon-play

Expert videos

前歯部複数歯欠損のインプラント修復における、いくつかの難症例を取り上げて講演します。 審美領域では、左右対称で調和が取れた、連続性のある軟組織を獲得することを目標としています。問題は抜歯後に組織の下で起こる解剖学的変化です。左右対称な症例では正中をまたぐ片側性の2つの症例とみなすことで、治療がやや簡易になります。プランニングは大変重要であり、Dr. Wӧhrleは硬組織の状態や移植のオプション、軟組織形態とボリューム、そして生物学的幅径などの生物学的テーマ、垂直方向でのインプラントの正しいポジションや骨のリモデリング、インプラント周囲の軟組織付着の不足...

icon-play

Expert videos

審美的な結果を得るためには、ピンクの組織と白い組織の調和をはかることが目標となります。 通常これはぺリオの問題をかかえるケースにとって、より大きな課題となります。 Dr. Ricciは、健康な患者とぺリオの問題がある患者を修復する際の違いについて、外科および補綴治療の手順、治療の流れ、考慮すべき点や相違点、また特異な点を述べています。また、CBCTを用いた治療計画、軟組織の分析やモデルベースの分析が重要であるとも述べているように思われます。Dr. Ricciは、結合組織移植やGBRのテクニック、特有な手術についてのアイデアを示しています...
icon-play

Expert videos

この講演では、患者さんとのコミュニケーション、診断、治療計画、治療の決定、無歯顎患者の機能性と審美性の結果についての議論、そして治療の様々な局面をレビューします。通常の口腔内、口腔外の診査に加え、治療前診査では、患者さんの全身的な健康状態を考慮する必要があり、患者さんご自身でメインテナンスが可能か、またインプラント治療のコンプライアンスを得る必要性についてもふれています。Dr Neukamは高リスクとなる要因やインプラント治療における絶対的な禁忌症についてお話します。治療計画は常に補綴主導であること、治療の様々な段階で必ず手順を遵守し...
icon-play

Expert videos

この講演は、インプラント歯科に関わる25年に及ぶ、9,000人以上の患者および埋入した32,000本のインプラントの長期フォローアップの知見に基づくものです。パート1のビデオでは、インプラント・プロトコル、メインテナンス、患者に関するトピックについて論じます。機械加工表面から表面処理を施したインプラントへの変化により、初期のインプラント脱落率が、特に上顎の症例で大幅に減りました。パート2のビデオでは、インプラント周囲炎にフォーカスし、インプラント周囲炎の全身の健康状態へ与える影響について論じます。講演では、長期フォローアップのみが、周囲炎の発生率を下げ...
icon-play

Expert videos

この講演は、インプラント歯科に関わる25年に及ぶ、9,000人以上の患者および埋入した32,000本のインプラントの長期フォローアップの知見に基づくものです。パート1のビデオでは、インプラント・プロトコル、メインテナンス、患者に関するトピックについて論じます。機械加工表面から表面処理を施したインプラントへの変化により、初期のインプラント脱落率が、特に上顎の症例で大幅に減りました。パート2のビデオでは、インプラント周囲炎にフォーカスし、インプラント周囲炎の全身の健康状態へ与える影響について論じます。講演では、長期フォローアップのみが、周囲炎の発生率を下げ...