Skip to main content

オンライン学習プラットフォームをご覧ください。

Filters

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Flapless Implant Placement

Flapless implant surgery is a minimally invasive procedure that can be performed either using guided surgery or with custom fabricated surgical guides made from casts taken at the first patient visits. Several clinical papers reported excellent short and...

Radiology
Guided Surgery
Edentulous treatments
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

骨量不足-骨増成オプションまたはザイゴマ・インプラントオプション

従来型の義歯が一般的な治療選択肢ですが、骨が欠損している場合、個人の機能的、精神的および社会的必要を満たしていない場合があります。古典的な外科的アプローチは異なる骨による増大技術(上顎洞挙上術、インターポジション型グラフトと併せてオンレーグラフトおよびLeFort I型骨切り)を含みます。これまでに、骨再生のために生体材料を用いた有望な結果が発表されていますが、特にこれまでに行われた治療が失敗している場合、遅延手順の必要性...

Radiology
Edentulous treatments
Implants in compromised sites
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

無歯顎の患者-心理社会的考察

総義歯を装着している患者は、多くの場合、審美性、機能的不快感、低下した義歯の保定力および咀嚼機能に悩まされています。義歯接着剤が大抵塗布されます。患者の多くがこのことを精神的にも社会的にも厳しい負担と感じています。現代のインプラント固定式修復手順は、このような患者に機能的にも審美的にもよい治療結果を提供することができます。インプラント支持の固定式修復物を使用している無歯顎の患者のリハビリテーションが個人的な幸福、自尊心およびQOLを向上させます。

1回の外科手術による無歯顎の修復手順

上顎又下顎の重度の萎縮を患う患者は、従来...

Edentulous treatments
Implants in compromised sites
Immediate loading / provisionalization
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

適応症および基本的注意事項

インプラント支持のオーバーデンチャーは、無歯顎の患者にとってエビデンスに基づいた治療選択肢であり、患者のQOLを著しく向上させます。インプラントを直接装着したり(一次連結固定)、インプラントに単独のアタッチメント(ボールアタッチメント、ロケーター)として使用される利用可能な様々な保定要素があます。後者の場合、インプラントオーバーデンチャーは、装着の際、インプラント間の装着を安定させます (二次連結固定)。論文のデータでは、保定アタッチメントのタイプはインプラントの成功率/残存率または失敗率に影響を与えないようですが...

CAD/CAM
Prosthetic materials
Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

適応症および基本的注意事項

インプラントオーバーデンチャーは無歯顎の患者には優れた治療選択肢であり、QOLを著しく向上させます。維持装置にはさまざまな選択肢があります。

  • オーバーデンチャーを維持するバーによりインプラントの一次連結固定として連結します。
  • インプラントに直接取り付けられた維持力のあるアタッチメントを使用すると、補綴物装着時に補綴物自体がインプラントの二次連結固定を行います。維持装置には、ボールアタッチメント、ロケーターおよびテレスコープクラウンがあります。補綴物をインプラントに取り付けるアタッチメントの種類と...
Prosthetic materials
Implant prosthetics
Removable prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

アタッチメントの選択

弾性的なアタッチメントか固定されたアタッチメントか、という義歯治療の異なる目的の優劣については、議論の余地があり、また経験に基づくものです。弾性的な維持装置は、それがインプラントを過重負担から保護するであろうという前提で推奨されていますが、オーバーデンチャーを支持するインプラント2本を下顎に有する患者の生体内測定では、ある種類の固定装置またはアタッチメントが別のものより優利であることは示されませんでした。一部の医師は、バーアタッチメントの機構がインプラントと義歯支持組織の間の荷重負担により効果があると固く信じていますが...

Prosthetic materials
Implant prosthetics
Biomechanics and occlusion
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントオーバーデンチャーの利点および主な注意事項

一部の患者では、審美性、発声、口腔衛生管理の方法を考慮したときに固定式インプラント補綴物では対処できない軟・硬組織の欠損が見られます。総義歯の不十分な機能に苦労してきたこれら患者に対し、インプラントオーバーデンチャーは、審美性、発声、機能の要件を満たす方法で、必要な維持、安定性、失われた軟・硬組織の代替を提供します。

インプラントオーバーデンチャーの治療を受けた患者は、従来型の総義歯を装着している患者よりも、咀嚼、機能、QOLに関するスコアが有意に高くなっています。また、修復物の取り外しが可能であるため...

Implant prosthetics
Removable prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Image removed.

待時機能

ブローネマルクに基づく伝統的なインプラント治療では、補綴物の装着前に様々な治癒期間(一般に3~6カ月)が必要でした。治癒期間は、オッセオインテグレーションを獲得し、荷重に耐える機能を構築するために必要であると考えられていました。伝統的なプロトコルは、待時機能として、大変良好な長期的臨床成績を挙げています。

早期機能

「早期機能」(“Early function”)とは、インプラント埋入後、3日後から3カ月後までの補綴物装着を指します。即時および待時機能のプロトコルと同等の実証済み臨床成果を挙げています。

 

即時機能

補綴物の装着が...

Immediate loading / provisionalization
Success & failure
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

固定式インプラント補綴物

一般に、固定式インプラント補綴物は、咀嚼機能および患者の快適さの点で可撤式義歯よりも優れているため、最良の口腔の健康およびQOLをもたらします。オールセラミック、金属-セラミック、金属-樹脂の補綴物を使用することにより、患者それぞれのニーズに対応するための多様な治療選択肢を提供します。

Image removed.

 

Image removed.

 

インプラントオーバーデンチャー

QOLが良好でない総義歯装着患者には、オーバーデンチャーを支持または固定するためにインプラントの利用が考えられます。これらの義歯装着患者は、咀嚼、発話の際に生じる義歯の固定不良および不安定さに悩まされており...

Removable prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

2120-immediate-denture.png

即時義歯

即時義歯

要抜歯の歯列を有し、全歯を抜歯しなければならない患者は、即時総義歯からインプラント支持の固定性義歯まで、多数の治療選択肢の中から選択することができます。

即時義歯は、口腔インプラント治療を好まない、または実施できない患者が選択しますが、抜歯後に補綴物のない状態を避ける優れた治療法です。多くの患者は、審美的、心理社会的な不安により、無歯顎の状態で治癒を待つのではなく、即時義歯による治療法を選択します。

即時義歯による治療を選択した患者は、可撤式総義歯を最初に装着する際の課題について、また、外科処置に伴う痛み、腫れ、出血、あざ...

Biomechanics and occlusion
Immediate loading / provisionalization
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

Age.png

年齢

形成不全および年少者の無歯症

小児および青年における、乳歯および/または永久歯の(ほぼ)完全な形成不全の結果として生じる無歯症は極めて稀です。それは、外胚葉異形成症など全身性の基礎疾患の一部であるのが一般的です。無汗性外胚葉異形成症といった亜型も存在し、しばしば精神遅滞との関連が見られます。小児の下顎無歯顎の外観および形状は、乳歯の存在に左右されます。

乳歯は発育しているものの永久歯の歯胚が欠損している患者では、高く、しかし非常に細い歯槽突起が見られます。乳歯が抜けた後、歯槽突起は咬合方向を向いた形状を示します(図1)。

しかし、乳歯の同時形成不全...

Fixed prosthetics
Removable prosthetics
Local factors
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントオーバーデンチャーのメンテナンス

オーバーデンチャーを使用している患者にとって、系統的な定期的リコールの目的は3つあります。

  • オーバーデンチャーをチェックし、義歯の微調整、維持、安定性、咬合調整および使用中のアタッチメントシステムのメンテナンスを行います。
  • インプラント周囲の辺縁骨およびインプラント周囲の軟組織をモニタリングします。
  • 口腔衛生のレベルをコントロールし、調整すします。

 

これまでに発表されている長期報告によれば、よくあるのはマトリックスのアクチベーションおよび交換です。また、数年後に頻度が増えるのは...

Aftercare / follow up
Removable prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

口腔衛生のためのリコール

定期的リコール(少なくとも6ヵ月毎)では、必ず歯科/歯科衛生士または助手が衛生チェックを行い、修復物、補綴物コンポーネント、インプラントの歯肉溝および歯肉縁上部の プロフェッショナルクリーニングを行います。

患者のコンプライアンスと口腔衛生をチェックします。患者のモチベーションや衛生状況に応じて最適な衛生措置を指導し、動機づけを行います。必要に応じてリコールおよびロフェッショナルクリーニングの頻度を増やします。

プロフェッショナルクリーニングに加え、合併症の検出および治療にも口腔衛生の予約を利用します。

プロフェッショナルクリーニング

インプ...

Aftercare / follow up
Fixed prosthetics
Oral hygiene instructions
icon-checklist

Checklists

主要責任者:歯科衛生士/歯科助手
タイミング:1日の最後
場所:手術室
コメント:1室ごと(患者様ごとではなく)に1日1回のみ行う

Radiology
Digital workflow
Guided Surgery