Skip to main content
牙齿 #21 (FDI)/#9(美国)的初期情况:牙龈粘膜边缘向顶端移动
術前の状態の#9(上顎左側中切歯、21).状態の悪い粘膜歯肉辺縁
准备牙齿 #21 (FDI)/#9(美国)进行贴面放置
ベニア修復用の形成
合成材料贴面的放置
コンポジットレジンによるベニア修復
放置贴面 3 个月后,由于牙根继续萎缩,牙龈边缘继续向顶端移动。为了避免其他并发症,必须拔除该牙齿。
ベニア修復を行って3ヶ月後、歯根吸収が進行し歯肉辺縁の退縮が見られた。更なる歯根吸収による審美性の悪化を防ぐために、抜歯せざるを得なかった。
该患者具有非常高的笑线(“露龈笑”)。从美观角度来说,这一事实使得治疗非常具有挑战性。
患者は、広範にわたるガミースマイルであったことから今回の治療はより困難なものとなった。
实施贴面 3 个月后的根尖周 X 光片:牙根继续萎缩,必须拔除该牙齿。
術前のエックス線写真:状態の悪い歯根吸収の兆候が見られ、抜歯せざるを得なかった。
在进行牙龈粘膜手术的同时进行种植体植入。
粘膜歯肉移植術を伴う、インプラント埋入
第一次手术未在牙齿 #21 (FDI)/#9(美国)周围实现所需的软组织效果。必须执行第二次校正手术,进一步向切端移动牙龈边缘。
初回手術の際に、良好な結果が期待できるだけの軟組織の供給ができなかったため、2回目の手術が行われ、マージンを切縁方向に移動した。
基台用作牙龈粘膜手术的基准。
アバットメントが、粘膜歯肉手術のためのガイドとなった
进行牙龈粘膜校正手术并放置临时牙冠后的软组织状况。
2回目の手術後にプロビジョナルクラウンが装着された状態
患者的高笑线使得手术颇具挑战性。
患者は、広範にわたるガミースマイルであったことから今回の治療はより困難なものとなった。
手术区域的愈合。
計画通りに手術部位が治癒している状態
最终基台的放置
カスタム印象用コーピングの装着(正面観)
基台的咬合面视图。
カスタム印象用コーピングの装着(咬合面観)
放置新的临时牙冠以帮助塑造牙龈轮廓。此牙冠也用作最终牙冠的诊断工具。
新しいプロビジョナルクラウンの装着。これにより、歯肉のカントゥアが形成される、そして最終補綴物のための診断ツールとしても利用される。
种植体植入后的定期 X 光片
インプラント埋入後
色度选择:M1
シェード:M1
带有定制内冠的最终氧化锆牙冠。
カスタムアバットメントと最終補綴物
Fabrication of a silicone coping used in the cementation process.
セメンテーションの際に利用するシリコンコーピングの作製
放置到位的定制氧化锆基台。
カスタム ジルコニア アバットメント
最终牙冠的试戴。
最終補綴物の試適
用 Teflon®(特氟龙) 封闭种植体的螺丝安装孔
Teflon®によるアクセスホールの封鎖
Preparation of the definitive crown for cementation.
セメンテーションのための準備
在最终粘合到氧化锆基台之前,首先将牙冠“粘接”到硅树脂内冠上。这种方法可以最大限度地降低粘接剂过多风险。
クラウンは、セット直前に最初にシリコンコーピングに“セメンテーション“する。この手順により、余剰セメントを最少限にすることができる。
唇部位于休息位置的最终修复体。
最終補綴
最终修复体被非常和谐的牙龈轮廓包围。牙齿 #21 (FDI)/#9(美国)的轴线和长度已校正,具有非常自然的外观。
最終補綴物は辺縁の歯肉とよく調和が取れている。また、左上中切歯の歯軸と歯の長さは適切に修復されており、それによってより自然で審美的な結果になっている。
icon-patient_case
Patient cases:
Single-unit restorations
(Maxilla / Anterior)

軟組織のマネージメント:単独歯修復

Lead:  
David Garcia Baeza

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。