Skip to main content
Evaluation of anodized surfaces for improved soft tissue integration

軟組織結合の改善を目的とした陽極酸化表面設計の評価

歯科インプラントシステムの周囲組織への急速かつ安定した結合は、インプラントおよびアバットメント表面の周囲に存在する細胞の遊走、接着、増殖、分化を可能にすることによって達成されます。したがって、アバットメントの設計においては、結合組織および上皮に強固な付着を提供するため、アバットメントの表面を慎重に評価して最適化する必要があります。

表面陽極酸化が軟組織結合に与える影響を評価するため、陽極酸化( Xeal™表面および機械加工表面のチタン製ディスクを ヒト歯肉上皮細胞 (HGEPp )および 初代ヒト歯肉線維芽細胞 (HFIB G )の 培養基質 として使用 しました。HFIB G細胞は両表面間に有意な優先度を示さなかった一方、 HGEPp 細胞は Xeal™ 表面において有意に早い成長を示しました。

ハイライト

  • Xeal 表面が ヒト歯肉上皮細胞 (HGEPp )の増殖を高める能力を
    有することが確認されました。
  • Xeal 層によって引き起こされる化学的・物理的変化が細胞増殖において見られた差の主要メディエーターであることを確証します。