Skip to main content
icon-play
Expert videos

Friedrich Neukam and Stefan Holst: Optimal decision-making and treatment planning - a shared responsibility. (Japanese)

Video highlights

  • 患者さんの診査からメインテナンスまで治療の流れにおけるチームアプローチ
  • ミリングバーを用いた強固な固定法は、ラウンドバーを用いた弾力性のある固定法より、補綴物の調整・修理の必要性を減らすことができます。
  • シンプルな手技は、長期治療の成功、メインテナンスに要する時間やコストを下げる鍵となります。
  • 高リスクとなる要因やインプラント治療の禁忌症
  • 修復材料の選択と補綴形態オプション
  • ニューヨーク シンポジウム2013 にて発表

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。