Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

審美的不満

Key points

  • 患者が最初の審美的外観に著しい不満を抱くのを防ぐためには、治療計画の段階で現実的な期待を設定するためによく話し合うことが最善です。
  • プロビジョナル修復物やテンポラリー補綴物は、審美的に満足の行く補綴物をデザインするのに役立ちます。
  • 重大な審美的不満が生じた場合は、補綴物を製作し直すか、または別のデザインを選択する必要があります。

臨床トピック

Diagnosis and treatment planning

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

JP Esthetics, function, comfort, quality of life

In order to provide adequate treatment and meet patient satisfaction, it is crucial to evaluate patient expectations. These expectations normally fall into one or more of four categories: function, comfort, esthetics and quality of...

Local factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

唇と歯の調和

最適な審美的治療結果には、唇の形態と歯の配置との間の調和が必要です。唇は前歯の額縁となり歯を支えますが、口の大きさと唇の輪郭は遺伝的に決定される固有の構造に依存し、加齢に伴う皮膚の変化に影響を受けます。患者の唇の形態および動きに関する診査は、診断の最重要要件です。リップラインは、上唇の下縁が引き上げられ機能高さが最大になるときを上(high)とし、安静時の上唇下縁の最下方位置または下唇上縁の機能高さが最も低くなるときを下(low)と判断します。

 

リップラインはすべて、以下の要素の影響を受けます。

  1. 唇の形状-厚い、薄い、中間
  2. 口裂の面積および特質-幅...
Diagnosis and treatment planning
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

1120_vertical_dimension.png

咬合高径

垂直関係または咬合高径(VDO)

患者固有の顎の垂直・水平関係を記録することは、咬合のリハビリテーションを計画する際に必要な第一歩です。それらは、下顎骨の中心位(CR)の不可欠な構成要素であり、顎および歯の発達、成熟の正規過程の一環として発達します。患者にとって望ましい垂直関係は、臨床的に得られた幅広い情報を得た上で決断します。なぜなら、VDOの変化は、未治療臼歯の欠損、歯列の激しい摩耗、不適切な義歯治療、長期間の義歯着用が原因で生じることがあるからです。さらに、下顎安静位は、天然の第1小臼歯間の咬合面間の安静空間(IRS)つまり安静空隙が2...

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。