Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

プロフェッショナル口腔衛生

Key points

  • 定期的なリコールでは、必ず、舌背、補綴物の部品およびインプラントの歯肉縁上部分のプロフェッショナルクリーニングを行います。
  • 合併症(炎症、補綴物の機能不全等)の検出および管理、口腔組織の状態の評価には、ルーチンの口腔衛生のための予約を利用します。
  • インプラント表面を傷つけないようにするため、クリーニングにはプラスチックまたはチタン製のスケーラーを使用します。

臨床トピック

Aftercare / follow up
Fixed prosthetics
Oral hygiene instructions
Removable prosthetics

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

定期的なリコール – 治療の長期的成功に重要

長期的に良好な成績を達成するため、定期的なリコールの予約を組み入れます。全身状態、投薬および口腔状態を系統的に評価するため、リコール予約は少なくとも6ヵ月毎に行うのが理想的です。患者のモチベーションや口腔衛生のレベルに応じて、リコールの頻度を増やします。

 

リコール時の重要な作業のためのチェックリスト

  • 患者の期待に応えられていますか、生活の質は改善されていますか?
  • 全身状態、コンプライアンスおよび口腔衛生を評価します。
  • 歯科医、歯科衛生士または歯科助手によるプロフェッショナルな歯科予防を行います。
  • 修復物の緩み(セメント剥離...
Aftercare / follow up
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

可撤式補綴物の下の軟組織の合併症

可撤式補綴物は、夜間は必ず撤去します。アクリル製義歯床は角化粘膜をぴったりと覆っているため、補綴物の下の歯肉に真菌/カンジダ感染症を引こすことがあります。付着粘膜は赤く腫脹し、ときに出血を呈します。

ミコナゾールゲルを1日2回、1週間塗布し、夜間は義歯を取り外すようにすると、通常は短期間で完全に治癒します。

その他の問題としては、補綴物がきちんと適合していないことによって生じる刺激性線維腫および外傷性潰瘍が挙げられます。これらの合併症は、義歯をしっかりと調整すれば即時に軽減し、次第に治癒します。刺激性線維腫がアタッチメント(ボール...

Aftercare / follow up
Fixed prosthetics
Removable prosthetics

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。