Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

咬合チェック

Key points

  • 不正咬合は補綴物破損の最も多い原因です。
  • 両側性の安定した咬合を確立するように注意を払う必要があります。
  • 調和のとれた咬合は、歯科補綴物の機能を有意に高め、寿命を延ばします。

臨床トピック

Biomechanics and occlusion
Aftercare / follow up

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

咬合-概論

理想的な咬合に関する普遍的な定義は、明確になっていません。理由は、理想的な咬合は、形態および機能の生理学的に広い範囲で定義されるからです。現在は、人間の多様性から、歯の特定の解剖学的関係・位置ではなく、咬合の機能的側面が生理的咬合の決定要素として妥当であると見なされています。これはまた、経験および文献から得られる解剖学的・歯牙的な変化が非常に広範であるにもかかわらず、咀嚼障害の原因となるのは珍しいことからも理解できます。こうした変化は、歯列弓サイズ、形態、歯並びの重大な不調和を特徴としない限り、治療が必要となるのは稀です。咀嚼系の機能的適応性は...

Biomechanics and occlusion
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

多様な咬合様式

咬合様式の選択は、無歯顎患者の義歯リハビリテーションに重要です。様々な様式の臨床成績に関しては議論が続いており、他と比べ明らかに優れた咬合様式とはこれまでに明らかにされていません。しかし、選択した咬合自体に決定的な意味がなくても、臨床医は、一度選択した様式について、咬合自体の慎重な設計、頻繁な評価、必要に応じた改良が必要であることを認識しなければなりません。

インプラント補綴が特定の咬合様式を必要とする、または許容するであろうという考え方は、臨床結果によって立証されていません...

Biomechanics and occlusion
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

人工歯の選択

アクリルまたは陶材の人工歯を使用すると、夜間の非機能性咬合習癖によってさまざまな問題を生じます。保護用のバイトガードを装着すると、強い咬合力を緩和することができます。アクリル歯は次第に摩耗し、義歯床から脱落する可能性もあります。総じて、アクリル歯は陶歯に比べて調整や修復が容易ですが、審美性やテクスチャーは陶歯の方が優れていると感じられる向きがあります。陶歯はアクリル歯に比べて摩耗しにくい代わりに、機械的過荷重に対しては破折を生じやすいという欠点があり、破折すると、補綴物全体を設置し直さなくてはなりません。

治療計画作成

ブラキシズムまたはクレンチング...

Aftercare / follow up

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。