Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

リップライン

Key points

  • 患者の唇の形態および動きは、最も重要な審美的決定要因です。
  • 最適な審美的治療成果には、唇の形態、歯の配置、デザインの間での調和が必要です。
  • 歯茎を露出する大きな笑顔は、前歯部の修復において技術的、審美的に難易度が高くなります。

臨床トピック

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

歯槽堤の吸収/縮小

抜歯後、残存歯槽堤の頬舌側および垂直的に骨量が減少します。それに続く吸収は進行性であるため、顎の基底骨(basal jaw)に影響が及ぶこともあります。下顎では、下顎神経が歯槽頂部に位置するようになる場合があり、その場合、義歯装着者は痛みを感じます。

歯槽堤高さの減少は、上顎無歯顎よりも下顎無歯顎においてはるかに多く見られます。長期間の義歯装着、性別、BMIが歯槽堤吸収の増加と関連がある一方、年齢は関連がないようです。骨粗しょう症の歯槽堤吸収への有意な影響はまだ示されていませんが、専門機関の最近の研究では...

Radiology
Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

1120_vertical_dimension.png

咬合高径

垂直関係または咬合高径(VDO)

患者固有の顎の垂直・水平関係を記録することは、咬合のリハビリテーションを計画する際に必要な第一歩です。それらは、下顎骨の中心位(CR)の不可欠な構成要素であり、顎および歯の発達、成熟の正規過程の一環として発達します。患者にとって望ましい垂直関係は、臨床的に得られた幅広い情報を得た上で決断します。なぜなら、VDOの変化は、未治療臼歯の欠損、歯列の激しい摩耗、不適切な義歯治療、長期間の義歯着用が原因で生じることがあるからです。さらに、下顎安静位は、天然の第1小臼歯間の咬合面間の安静空間(IRS)つまり安静空隙が2...

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

顎口腔領域の既往歴の基本

既往歴全体における重要な問題は、以下に関連します。開口、唾液産出、粘膜疾患の存在、歯肉の健康、過去に行った歯周外科手術の形跡、歯の動揺、顎関節(TMJ)の問題、歯科矯正治療、味覚異常、口臭、舌苔、口腔衛生。

歯周および歯肉の状態、口腔衛生

歯肉炎は、インプラント治療にとって必ずしも危険な要素ではありませんが、プラークの蓄積および口腔衛生の欠如は、粘膜およびインプラント周囲組織レベルの長期的維持にとって致命的な要素となり得るとともに、患者がこれまで衛生に対しどのような姿勢であったかを示します。

既存の歯周炎が外科および/または保存療法...

Temporomandibular Joint
Local factors
Systemic factors

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。