Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

上顎-下顎の関係

Key points

  • 顎の垂直・水平関係は、下顎の中心位(CR)の不可欠な構成要素であり、あらゆるオーラルリハビリテーション計画の第一歩です。
  • 有歯顎患者においては、最も機能的な接触面積の大きい位置は、中心咬合(CO)として知られる位置、CRより若干前方の下顎位です。
  • 歯に基づくCRのない無歯顎患者の場合、下顎上の望ましい咬合高径設定および/または上顎ワックス咬合堤(maxillary wax occlusion rims)製作と、それに続く、あらかじめ記録した関係を組み合わせる臨床手順が必要です。

臨床トピック

Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

TMD – 顎関節症

患者の顎関節機能を定期的に評価することは、あらゆる口腔内検査と共に必須項目です。

また、無歯顎患者の治療においては、良好な筋制御、痛みのない顎運動調節が望ましいと考えられます。臨床的に指導・要求される運動を行う能力が低下した場合、またはまったくない場合は、治療期間の修正が必要です。

TMDは、顎関節領域に影響を与える筋骨格疾患群および/または痛覚を示す総称です。これらには、筋筋膜痛等の筋疾患、関節円板の変位等の関節複合に影響を与える障害、まれな関節炎疾患が含まれます。発現する可能性のある症状は以下のとおりです。

  • 咀嚼およびTMJの筋肉における痛...
Temporomandibular Joint
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

1120_vertical_dimension.png

咬合高径

垂直関係または咬合高径(VDO)

患者固有の顎の垂直・水平関係を記録することは、咬合のリハビリテーションを計画する際に必要な第一歩です。それらは、下顎骨の中心位(CR)の不可欠な構成要素であり、顎および歯の発達、成熟の正規過程の一環として発達します。患者にとって望ましい垂直関係は、臨床的に得られた幅広い情報を得た上で決断します。なぜなら、VDOの変化は、未治療臼歯の欠損、歯列の激しい摩耗、不適切な義歯治療、長期間の義歯着用が原因で生じることがあるからです。さらに、下顎安静位は、天然の第1小臼歯間の咬合面間の安静空間(IRS)つまり安静空隙が2...

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

既存の義歯-重要情報

既存の義歯を診査することにより、歯、軟組織の審美性、顔面の高径(facial vertical dimension support)に対する患者の認識について大変貴重な情報が得られます。また、それにより、臨床医は、患者の義歯着用経験全体について、適応性があったかどうか知ることができます。

適応性のある患者

補綴的に義歯に適応性のある場合は、既存義歯が新たな義歯治療の最適化計画に対し、インプラント治療の有無を問わず重要な指針を与えます。指針には、歯列弓形、咬合平面の方向、唇に対する前歯の関係、義歯床の大きさ、フランジの厚さと外形...

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。