Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

頭頸部がん

Key points

  • 臨床の口内検査によるスクリーニング後、高リスクの頭頸部がん(HNC)男性患者群において生存率が増加しています。
  • 米国およびヨーロッパでは、40歳~50歳の口腔がん発生率が過去10年間で倍増しています。
  • 放射線治療を含むHNCの総合的治療には、インプラント手術を行うための被照射部位の硬・軟組織治療に関する特別な知識およびスキルが必要です。

臨床トピック

Implants in compromised sites
Systemic factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

放射線治療

口腔がん患者のリハビリテーションは、通常、外科・化学・放射線治療を組み合わせて行います。放射線治療は、線維化(fibrotization)、虚血、口腔乾燥症を起こりやすくします。口腔乾燥症の副作用により、粘膜支持の義歯の着用がさらに困難になります。

 

インプラントによる修復の選択肢

放射線治療を受けた骨にインプラントを問題なく埋入できるという臨床上のエビデンスが存在します。メタ分析により、下顎骨における失敗率<5 %が明らかになりました。しかし、患者の生存期間見込みという観点では、インプラントの長期生存率は低いようで...

Systemic factors
Patient assessment

Additional internal materials

icon-play

Expert videos

重度の顎顔面欠損再建のために様々な骨や軟組織のフラップが利用できます。Dr Rohnerは、顎顔面再建のために腓骨を用いる利点を示し、プレファブリケーションされた腓骨フラップによる再建テクニックの手順を示します。総合的な術前3Dプランニングは、プレートやドリリングガイド、カッティングガイドなど、手術に必要なツールを正しく設計・作製するために大変重要です。Dr Rohnerは、下顎骨または上顎骨を腓骨で置き換え、分層植皮片で新しい歯肉を形成する方法、またインプラント埋入後の治癒期間に暫間補綴物を準備する方法について、症例を用いて説明します。Dr Rohnerは...

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。