Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

プロビジョナル

Key points

  • プロビジョナル補綴物は、無歯顎患者において審美性、機能および快適さを評価するのに優れた方法です。
  • プロビジョナル補綴物は、患者の期待に応えられる箇所と応えられない箇所を明らかにしてくれます。
  • プロビジョナル補綴物は、患者中心の治療計画の仕上げに有効です。

プロビジョナル多機能用途

無歯顎患者にとってのプロビジョナル補綴物は、最終的な治療を行っている間に患者に満足のゆくレベルの機能および審美的外観を提供できる便利なツールです。

プロビジョナル補綴物は、最終的な治療結果がどのようになるかを歯科医と患者に認識させるのに有効です。

プロビジョナル補綴物は最終補綴物に酷似しているため、最終補綴物による最終治療結果の審美的および機能的属性を患者に理解させることができます。また、この段階であれば、不可逆的な処置を行う前に治療計画に必要な変更を行うことができます。

プロビジョナル補綴物は、サージカルガイド製作プロトコルでも使用することができるほか、完全無歯顎患者の即時荷重プロトコルでも使用することができます(治療選択肢および治療プロトコルに関するセクションも参照してください)。

この目的で患者の機能義歯を利用することもできますが、CTベースのプランニングソフトウェアを使用すると、歯科技工所でのプロビジョナル補綴物の製作が容易になります。

臨床トピック

Guided Surgery
Immediate loading / provisionalization
Diagnosis and treatment planning

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。