Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

BRONJ / ARONJ

Key points

  • ビスホスホネート(BP)は、「ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死」(BRONJ)を起こしやすくする可能性があります。
  • BRONJは骨壊死と類似しており、通常、口腔内に骨が露出した状況により特定します。
  • BRONJの治療は困難。患者がBRONJと診断された場合、関係する歯学的・医学的リハビリテーションチーム全体の助言および協力が極めて重要です。
  • 現在、BRONJ(ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死)という用語に代わり、ARONJ (再吸収阻害薬関連顎骨壊死)という用語が使用されています。

臨床トピック

Systemic factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

ビスホスホネート-全般

ビスホスホネート (BP) は破骨細胞活性を阻害し、骨に長期間残ります。ビスホスホネートは、骨粗しょう症、パジェット病等の骨脆弱性の疾患、骨形成不全症、線維性骨異形成症、骨がんの治療に最も多く処方される薬物です。

副作用

口腔顎顔面領域において長期間投与された場合、ビスホスホネートは、「ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死」(BRONJ)を起こしやすくする可能性があります。下顎骨で起こる頻度は、上顎骨の2倍です。

[[{"fid":"6144","view_mode":"half_width","fields":{"format":"half...

Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

治療計画および衛生に関する注意事項

組織表面、補綴物表面およびインプラント表面のすべてが、歯ブラシ、歯間ブラシおよびデンタルフロスまたはデンタルテープのような口腔衛生用具で清掃できるようにデザインされていなければなりません。治療計画時にインプラントの位置および補綴物のデザインを決定する際は、口腔衛生の最終転帰を念頭に置くことがきわめて重要です。したがって、口腔内補綴物の表面はプラークの付着を防ぐため、滑らかで、高度に研磨されている必要があります。

口腔衛生指導 – 患者

すべての来院に口腔衛生指導を組み入れ、必要に応じて指導を復習させます。とりわけ固定式補綴物の場...

Aftercare / follow up
Fixed prosthetics
Oral hygiene instructions
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

口腔衛生のためのリコール

定期的リコール(少なくとも6ヵ月毎)では、必ず歯科/歯科衛生士または助手が衛生チェックを行い、修復物、補綴物コンポーネント、インプラントの歯肉溝および歯肉縁上部の プロフェッショナルクリーニングを行います。

患者のコンプライアンスと口腔衛生をチェックします。患者のモチベーションや衛生状況に応じて最適な衛生措置を指導し、動機づけを行います。必要に応じてリコールおよびロフェッショナルクリーニングの頻度を増やします。

プロフェッショナルクリーニングに加え、合併症の検出および治療にも口腔衛生の予約を利用します。

プロフェッショナルクリーニング

インプ...

Aftercare / follow up
Fixed prosthetics
Oral hygiene instructions

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。