Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

パラファンクション

Key points

  • パラファンクションによる活動はインプラント補綴物に強い力を加えることがあり、場合によっては治療計画および修復設計を適切に適応させることが必要です。
  • パラファンクションの兆候(咬耗、咬合他)に関し、臨床的評価を実施します。
  • 補綴方法の強化(インプラント本数の増加、強固なインプラント設計の選択、インプラントの強固な連結)、可撤式修復の構造設計、インプラントを使用しない補綴治療選択肢を検討します。

臨床トピック

Temporomandibular Joint
Implant designs
Biomechanics and occlusion
Local factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

人工歯の選択

アクリルまたは陶材の人工歯を使用すると、夜間の非機能性咬合習癖によってさまざまな問題を生じます。保護用のバイトガードを装着すると、強い咬合力を緩和することができます。アクリル歯は次第に摩耗し、義歯床から脱落する可能性もあります。総じて、アクリル歯は陶歯に比べて調整や修復が容易ですが、審美性やテクスチャーは陶歯の方が優れていると感じられる向きがあります。陶歯はアクリル歯に比べて摩耗しにくい代わりに、機械的過荷重に対しては破折を生じやすいという欠点があり、破折すると、補綴物全体を設置し直さなくてはなりません。

治療計画作成

ブラキシズムまたはクレンチング...

Aftercare / follow up
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

固定式補綴物

インプラント本数およびインプラント設計の進化

顎全体にわたり、6本、さらに多くのインプラントを埋入する伝統は、オッセオインテグレーションの初期に遡りますが、当時は、機械加工した表面のインプラントを使用しており、早期のインテグレーションできないリスクが課題でした。したがって、1本のインプラントが喪失しても、修正手術としてインプラントをさらに埋入する必要はありませんでした。補綴物は機能を維持できるからです。現在使用されている、粗面のインプラントは非常に高い生着率を実現しており、万が一障害が起きた場合の修正手術を回避することだけを目的とした...

Implant prosthetics
Biomechanics and occlusion
Success & failure
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントのデザイン

現在市販されているインプラントのほとんどは、ブローネマルク博士が最初にデザインし、「フィクスチャー」と命名したスクリューのバリエーションです。これが現在市販されているさまざまな製品の開始点であり、インプラントの素材、サイズ、肉眼的および顕微鏡的特性といった要素が組み込まれています。これらはすべてコマーシャリーピュアチタン(ブローネマルクが最初に選択した素材)、スレッド付きデザインおよび適度な粗面に依拠しています。インプラント埋入のためにさまざまな天然または至適修飾された宿主部位を活用する多種多様な治療計画に対応するため...

Implant designs
Implant surfaces

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。