Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

レクリエーショナルドラッグとアルコール乱用

Key points

  • レクリエーショナルドラッグは、インプラントの治療進行および治療成果を妨げる可能性があります。
  • レクリエーショナルドラッグ中毒は、インプラント治療の重大なリスクです。
  • インプラントを使用しないリハビリテーションを検討する必要があります。

臨床トピック

Systemic factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

処方薬

病歴で、患者が何らかの処方薬を服用しているかどうか(「患者病歴全般」も参照)、特に、正しい用量で服用しているかどうかを確認します。外科手術に対する不安が、ベータ遮断薬や向精神薬の過剰服用を一時的に引き起こすことがあります。向精神薬の中でも、やや強いペンタゾシン、チリジン、トラマドール等、オピオイド系の麻薬性鎮痛薬の乱用は重要視する必要があります。厄介なのは、非常に強いモルヒネおよび誘導体の商品名の中には、ロクサノール(Roxanol)、カディアン(Kadian)、MSコンチン(MS contin)等、認識するのが容易でない薬物がある点です。

抗うつ薬...

Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

患者のコンプライアンス

インプラント治療は、様々な治療段階を伴い、適切なアフターケアの継続を必要とする総合的、長期的な治療であるため、患者による相当の関与、協力、献身、つまりコンプライアンスが必要となります。したがって、患者評価の段階において、臨床医は患者が長期間に及ぶ治療およびアフターケアを続ける能力、意欲を有するかどうか、評価しなければなりません。

患者が長期的な成功の要件を十分に承知できるよう、治療の期間・スケジュール、コンプライアンスの重要性、行動適応および治療期間中の制約について、臨床医から説明を始める必要があります。説明事項の例としては、喫煙...

Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラント治療に関連するリスク因子は以下のとおりです。

  • 特定の無歯症を除く、小児および青年(骨/骨格の発達期)。ただし、矯正治療を目的としたインプラント埋入は適応となる。
  • コントロールされていない代謝性疾患 2型糖尿病等、
  • コントロールされていないHIVまたは結核感染
  • 血液疾患(進行した慢性リンパ球性白血病、慢性骨髄異形成等)
  • 心筋梗塞または脳血管外傷から1年以内
  • 現在、化学療法および/または放射線治療を実施中
  • 移植後の免疫抑制等、免疫システムの重大な異常
  • 全身性骨疾患(パジェット病等)
  • 醜形恐怖症等の精神状態、または論理的に考え...
Local factors
Systemic factors
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。