Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

リスク因子

Key points

  • 多くの場合、禁忌は絶対的なものではなく、個々の患者の状況およびリスク評価が条件となります。
  • 複数の重要な医学的リスク因子が残りますが、常に患者の動機とコンプライアンスも考慮します。
  • 疑念がある場合は、インプラントを使用しない治療を検討します。

臨床トピック

Local factors
Systemic factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Edentulous

Diabetes.png

糖尿病

糖尿病のタイプと症状

糖尿病は代謝性疾患ですが、高血糖症と呼ばれる血糖値が高すぎる状態で、空腹感の増長、体重減少、頻尿、衰弱、疲労、過度の渇き等の症状が見られます。高血糖の原因は、膵臓細胞からのインスリン分泌が低下し細胞による血流からのブドウ糖摂取が低下する場合と、細胞のインスリン感受性の低下による場合が考えられます。前者は1型糖尿病、後者は2型糖尿病に分類されます。成人に最も多く見られるのは2型糖尿病で、ほとんどが肥満と関係しています。

インプラント治療のリスク

高血糖症が長期化すると、マクロファージおよび単球を妨害する終末糖化産物(AGE)を生じます。また...

Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

「レクリエーショナルドラッグ」:アルコール乱用、向精神薬・精神活性物質の摂取 

患者がアルコールの乱用やレクリエーショナルドラッグの摂取を行い、中毒になっているかどうかを示す兆候を評価することは重要です。一般に、こうした薬物には幻覚性、知覚変化、幻覚症状の作用があり、最初は創造性や能力を高めることがあります。その後、それらの薬物は、認知障害に加え、落胆の感情や不安、恐怖、神経混乱、緊張の兆候を伴う鬱期をもたらします。したがって、口腔粘膜病変(カンジダ症、顔面の傷、口腔内のこぶ、嗄声等)および不感蒸散、頻脈、悪心、体温上昇...

Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

放射線治療

口腔がん患者のリハビリテーションは、通常、外科・化学・放射線治療を組み合わせて行います。放射線治療は、線維化(fibrotization)、虚血、口腔乾燥症を起こりやすくします。口腔乾燥症の副作用により、粘膜支持の義歯の着用がさらに困難になります。

 

インプラントによる修復の選択肢

放射線治療を受けた骨にインプラントを問題なく埋入できるという臨床上のエビデンスが存在します。メタ分析により、下顎骨における失敗率<5 %が明らかになりました。しかし、患者の生存期間見込みという観点では、インプラントの長期生存率は低いようで...

Systemic factors
Patient assessment

Additional external materials

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。