Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

薬物乱用

Key points

  • 薬物は、処方薬であれ非処方薬であれ、インプラント手術、関係する薬物治療、治療成果に影響します。
  • 鎮痛剤、ベンゾジアゼピン等の薬物乱用の場合、リスクは増加します。
  • 患者の薬物乱用が、計画した治療および必要なコンプライアンスに影響を与えるかどうか評価することが極めて重要です。

臨床トピック

Systemic factors
Patient assessment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

最初の評価-患者との面談

臨床医は、自分の目の高さを患者のそれと合わせるようにすると効果的です。例えば、患者が座っているのであれば、臨床医も座るべきです。信頼関係を深めることにならないので、臨床医と患者の面談は、歯科用治療椅子で行わない方が良いでしょう。このようにすると、患者の人格、期待、健康状態に関する重要側面をより共有しやすくなります。患者の主訴が後に患者の治療への期待と合致する、という点を確認することが不可欠です。患者との面談に関するすべての手順において、患者のプライバシー保護が必要です。

全身的な健康評価

全身的な健康評価では...

Systemic factors
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

患者のコンプライアンス

インプラント治療は、様々な治療段階を伴い、適切なアフターケアの継続を必要とする総合的、長期的な治療であるため、患者による相当の関与、協力、献身、つまりコンプライアンスが必要となります。したがって、患者評価の段階において、臨床医は患者が長期間に及ぶ治療およびアフターケアを続ける能力、意欲を有するかどうか、評価しなければなりません。

患者が長期的な成功の要件を十分に承知できるよう、治療の期間・スケジュール、コンプライアンスの重要性、行動適応および治療期間中の制約について、臨床医から説明を始める必要があります。説明事項の例としては、喫煙...

Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

「レクリエーショナルドラッグ」:アルコール乱用、向精神薬・精神活性物質の摂取 

患者がアルコールの乱用やレクリエーショナルドラッグの摂取を行い、中毒になっているかどうかを示す兆候を評価することは重要です。一般に、こうした薬物には幻覚性、知覚変化、幻覚症状の作用があり、最初は創造性や能力を高めることがあります。その後、それらの薬物は、認知障害に加え、落胆の感情や不安、恐怖、神経混乱、緊張の兆候を伴う鬱期をもたらします。したがって、口腔粘膜病変(カンジダ症、顔面の傷、口腔内のこぶ、嗄声等)および不感蒸散、頻脈、悪心、体温上昇...

Systemic factors
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。