Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

セラミックによる築盛

Key points

  • 骨吸収が最小限の場合は、陶材焼付け金属の修復物が顎間空隙の制約を調整するため好んで選択されます。
  • セラミックによる化粧張りは最適な審美性および耐摩耗性を提供し、衛生を促進します。
  • 剥離するリスクを最小限にするためには、ポーセレンを適した厚みにする適切で解剖学的なフレームワークのデザインが重要です。

臨床トピック

CAD/CAM
Prosthetic materials
Implant prosthetics
Layered materials
Fixed prosthetics
Success & failure

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントの固定式補綴物の利点

固定式補綴物は機能的および審美的観点から利点を提供し、総義歯またはインプラントオーバーデンチャー等の代替の治療選択肢と比較して、患者自身の天然歯列とかなり似ているものとみなされる場合があります。より快適であると感じられる固定式補綴物の大きさを著しく小さくし、さらに、粘膜による支持の必要がないため、患者はより強い力で咀嚼することができ、幅広い範囲の食物を食べることができます。固定式補綴物はより強い咀嚼力に順応するため後方部下顎の骨量が増加するのに対し、蝶番で可動するオーバーデンチャーは後方部分の骨が吸収されてしまいます...

CAD/CAM
Prosthetic materials
Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

概論および材料の選択

フレームワークは、最終的な修復物の審美性および外形を設計するために、築盛材料でベニアリングされます。アクリルによる築盛用のフレームワークの材料選択は、チタン、(クロムコバルト)コバルトクロムおよび貴合金を含みます。今日、CAD/CAMによるフレームワークの製作技術は最先端であると考えられているため、ハイブリッド義歯の一般的な材料の組み合わせはチタンで製作されたフレームワークにアクリルで築盛しているものとなっています。アクリルベニヤ材料は、個別の審美的要望に対処するため、多種多様な歯形および歯茎の色に利用することができます。アクリル製の歯は...

CAD/CAM
Prosthetic materials
Implant prosthetics

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。