Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

デジタルの治療計画作成プロトコル、序論

Key points

  • インプラント埋入シミュレーションにより、利用可能な骨量の把握と十分な活用、骨増生の計画作成、インプラント埋入位置の最適化が可能となります。
  • 解剖学的構造が明確となるため、神経および血管への損傷を防止することが可能です。
  • 補綴学および解剖学主導:すべての利用可能な骨の状況と補綴の要求を考慮してインプラントの位置と方向を設計します。
  • CBCTが利用可能な場合、放射線量は抑えられます。
  • 臨床チームのメンバーと患者のコミュニケーションにとって有益です。

臨床トピック

Radiology
CAD/CAM
Diagnosis and treatment planning

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。