Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

咬合様式

Key points

  • 無歯顎患者のための義歯の咬合では、最適な咬合関係を確保するため、理にかなった生物学的・機能的調和が必要です。
  • 複数の咬合様式の中で、特定の1つが総義歯または歯科インプラント治療のいずれかで、より優れた臨床成果をもたらすという明確なエビデンスは存在しません。

臨床トピック

Biomechanics and occlusion

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

咬合-概論

理想的な咬合に関する普遍的な定義は、明確になっていません。理由は、理想的な咬合は、形態および機能の生理学的に広い範囲で定義されるからです。現在は、人間の多様性から、歯の特定の解剖学的関係・位置ではなく、咬合の機能的側面が生理的咬合の決定要素として妥当であると見なされています。これはまた、経験および文献から得られる解剖学的・歯牙的な変化が非常に広範であるにもかかわらず、咀嚼障害の原因となるのは珍しいことからも理解できます。こうした変化は、歯列弓サイズ、形態、歯並びの重大な不調和を特徴としない限り、治療が必要となるのは稀です。咀嚼系の機能的適応性は...

Biomechanics and occlusion
Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

顎間関係咬合採得

いずれのタイプの口腔リハビリテーションでも、正確かつ再現性のある顎間関係の記録が不可欠です。咬合採得は、歯科医と歯科技工士が患者の機能的および審美的要求に応えるために必要な咬合関係を作製するための重要な臨床記録となります。咀嚼筋が健康で、天然歯または適切に修復された歯が残存している場合は、咬合採得はルーチンに行うべき臨床手順です。咬合を採得し、咬合器に移すため、さまざまな材料が販売されています。

蝋堤および咬合器装着模型の製作

作業模型上で製作した蝋堤による方法は、今もなお、無歯顎患者の顎間関係を決定し...

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

義歯の装着

全部床義歯の装着時は、補綴物の適合、義歯床の辺縁、審美性、咬合、快適さおよび装着後の指導といった重要な臨床項目をすべてカバーするように細心の注意を払う必要があります。また、全部床義歯の使用により予測されることがらに関しても、わかりやすく患者に説明します。

義歯の適合と義歯床の辺縁

義歯床と粘膜の接触部を特定するため、印記用シリコン等を使用して補綴物の適合を評価します。鼻口蓋窩/切歯管または小帯といった特定の部位の接触部はリリーフします。上顎の主な咬合圧負担域は顎堤頂であり、咬合圧が両側性に均一に分布するのが理想的です。下顎の主な咬合圧負担域は頬棚であり...

Removable prosthetics

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。