Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

顎間関係

Key points

  • 顎間関係に関しては、咬合床を用いて咬合高径を採得し、咬合平面、口唇線、スマイルラインおよび正中線を記録します。
  • 対合歯列に可撤式補綴物がある場合は、平衡咬合法が推奨されます。

臨床トピック

Implant prosthetics

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

デザインの基準

固定式インプラント補綴物は完全に固定され、インプラントにより支持されています。固定式インプラント補綴物の表現には、固定式全部床義歯、術者可撤式固定式補綴物、ハイブリッド補綴物またはオールオン4補綴物など、さまざまな用語が用いられています。

このタイプの補綴物に十分な生体力学的支持を付与するためには、概ね4~6本のインプラントが必要です。固定式全部床義歯の維持および支持に使用する インプラントの本数の最終的な判断は、各症例に特異的な生体力学的要因に基づいて行います。具体的には、修復対象の歯列、歯列弓の形態、骨量および骨質、対合歯列の状態(有歯顎vs...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

試適 – 機能的および審美的評価

試適は、無歯顎患者の治療を成功させるために重要なステップの1つです。試適は歯科医と患者が技工サイドで製作された義歯を実際に見ることのできる最初の機会であり、受容、修正または変更のいずれかを決定します。プロビジョナルワックスアップの咬合、機能および審美性に関して相互に満足の行くことを確認してから、フレームワークの作製や補綴物の加工といった新たなステップに進むようにします。

この人工歯配列は上下の無歯顎に対する歯の空間的位置を具体的に確認するためのオリエンテーション・インデックスとなり...

CAD/CAM
Implant prosthetics
Diagnosis and treatment planning

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。