Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

クローズvs オープントレー法

Key points

  • オープントレー法は、とりわけインプラントが平行に植立しておらず、複数の印象用コーピングから適切に印象を取り外すことができない場合に適用されます。
  • クローズドトレー印象法は、インプラントが相互に平行に埋入されている場合に適用されます。

臨床トピック

Implant prosthetics

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

目的

印象採得の目的は、粘膜に適合する補綴物またはインプラントにパッシブフィットする補綴物の製作に必要な組織の形態を正確に捕捉することです。

粘膜の形態を正確に再現した最終模型は、次のような補綴物を製作することができる利点があります。

  • 審美ゾーンの補綴物と粘膜の間に空隙や陰影が見えないため、審美的満足度が高い

  • 最適に機能し、発音も正確にできる。

  • 患者が簡単に清掃でき、組織の健康に必要な口腔衛生を確保できる。

インプラントの位置(高さ、角度、向き、隣接する軟組織の形態)を正確に再現した最終模型は、優れたパッシブフィットのフレームワークを製作することができます...

Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

連結材の選択および精度に関する検討事項

印象を採得した基準模型との比較により連結印象法と非連結印象法を比較したin vitro試験では、総じて連結印象法の方が正確な作業模型を作製できることが示されました。また、常温重合レジン、印象用石膏および金属といった種々の材料による連結法を評価した試験では、この3方法ともすべて作業模型の精度を改善できるという総合所見が報告されています。ただし常温重合レジンを使用する場合は、最終重合ができるだけ小量ですむようにレジンの連結部位を分割し、少量のレジンの塗布を繰り返すことにより、重合収縮を最小限にとどめる必要があります。

治療結果

...
Implant prosthetics
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

平行インプラント

インプラントが相互に平行であるかどうかを評価することが重要です。インプラントが相互に十分に平行である場合は(図1)、クローズ トレー印象法を使用することができます。インプラントが相互に平行に植立されているため、重合した印象を著しい抵抗を生じさせずに口腔内から取り外すことができます。印象用コーピングを 連結 するかどうかは、歯科医の個人的な好みの問題です。

Image removed.

非平行インプラント

臼歯部の傾斜埋入 インプラントと前歯部の垂直埋入インプラントを併用することによりインプラントの使用本数を減じたオールオン4 のような無歯顎治療では優れた長期予後が報告されてお...

Implant prosthetics

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。