Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

インプラントオーバーデンチャーの顎間関係

Key points

  • 顎間関係の精密な記録は、正確な咬合、機能および審美性を確立するために不可欠の臨床記録です。
  • 咬合床を用い、咬合平面の高さ、咬合高径(VDO)、口唇線、スマイルラインおよび口腔周囲の支持を決定します。
  • 咬合器に装着した模型は、技工サイドで顎運動のシミュレーションを行うための容易かつ信頼できるアナログとなります。

顎間関係 – 咬合採得

いずれのタイプの口腔リハビリテーションでも、正確かつ再現性のある顎間関係の記録が不可欠です。咬合採得は、歯科医と歯科技工士が患者の機能的および審美的要求に応えるために必要な咬合関係を作製するための重要な臨床記録となります。咀嚼筋が健康で、天然歯または適切に修復された歯が残存している場合は、咬合採得はルーチンに行うべき臨床手順です。咬合を採得し、咬合器に移すため、さまざまな材料が販売されています。

基礎床を安定させるためのインプラントの使用

無歯顎患者において正確な顎間関係を記録するには、特別な臨床スキルと忍耐が要求されます。欠損歯列のアナログである咬合床固有の不安定性により、その正確さが損なわれるからです。しかしインプラントが存在すると、治療目的が固定式補綴物であるかまたはオーバーデンチャーであるかに関係なく、この問題は事実上解消されます。

2本以上のインプラントがあれば、咬合床を支持している基礎床を安定させることができます。また、インプラントに設置されたメールボールアンカーに適合するフィメールハウジングのように、専用にデザインされた機械的部品を基礎床に組み込むこともでき、さらにクロスアーチロケーションにより咬合堤を正確な位置に安定させることもできます。

咬合床の製作と咬合器装着模型

作業模型上で製作した蝋堤による方法は、今もなお、無歯顎患者の顎間関係を決定し、咬合採得を行うためのゴールドスタンダードです。蝋堤を用いて咬合高径を確立し、咬合平面、口唇線、スマイルラインおよび正中線を記録します。

咬合器に移す前の中心位の採得には、さまざまな方法(単純なチェックバイト採得から、より精巧なゴシックアーチ描記法まで)が提案されています。咬合時に下顎を注意深く誘導すると、中心位での咬合採得が容易になります。咬合採得材の硬化を待つ間に、基礎床が適切な位置に完全に装着されていることを確認します。採得材は硬化が速く、咬合時の抵抗を少なくするために流動性があり、硬く硬化するものが理想的です。咬合採得はフェイスボウを使用しても、使用しなくても行うことができます。咬合器に装着した模型は、容易かつ信頼できるアナログとして技工作業時の顎運動のシミュレーションに用いられます。

臨床トピック

Implant prosthetics

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

固定式補綴物

インプラント本数およびインプラント設計の進化

顎全体にわたり、6本、さらに多くのインプラントを埋入する伝統は、オッセオインテグレーションの初期に遡りますが、当時は、機械加工した表面のインプラントを使用しており、早期のインテグレーションできないリスクが課題でした。したがって、1本のインプラントが喪失しても、修正手術としてインプラントをさらに埋入する必要はありませんでした。補綴物は機能を維持できるからです。現在使用されている、粗面のインプラントは非常に高い生着率を実現しており、万が一障害が起きた場合の修正手術を回避することだけを目的とした...

Implant prosthetics
Biomechanics and occlusion
Success & failure
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

水平関係または中心位(CR)

患者中心の治療という観点から上顎-下顎の関係を理解する鍵は、下顎の2つの位置、つまり垂直位置と水平位置が分離できない性質である点を認識することです。両者は、あらゆるオーラルリハビリテーション計画の第一歩であり、下顎の中心位(CR)の不可欠な構成要素ではあるものの、別々に考察することが可能です。2つの位置は、コインの裏表と見なされ、患者の中心位を記録するという臨床上の目的を設定するために必要です。中心位の定義は長年にわたり変遷しており、『歯科補綴学専門用語集』には7つの定義が記載されています。大半の定義では、CRは...

Patient assessment
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

垂直関係または咬合高径(VDO)

患者固有の顎の垂直・水平関係を記録することは、咬合のリハビリテーションを計画する際に必要な第一歩です。それらは、下顎骨の中心位(CR)の不可欠な構成要素であり、顎および歯の発達、成熟の正規過程の一環として発達します。患者にとって望ましい垂直関係は、臨床的に得られた幅広い情報を得た上で決断します。なぜなら、VDOの変化は、未治療臼歯の欠損、歯列の激しい摩耗、不適切な義歯治療、長期間の義歯着用が原因で生じることがあるからです。さらに、下顎安静位は、天然の第1小臼歯間の咬合面間の安静空間(IRS)つまり安静空隙が2...

Diagnosis and treatment planning
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。