Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

インプラントオーバーデンチャーの装着

Key points

  • オーバーデンチャーの床の適合、辺縁および咬合を注意深く評価し、調整します。
  • 無歯顎症例において即時荷重を予定している場合は弾性アタッチメントを取り込んだオーバーデンチャーを使用することが可能です。
  • 良好な治癒と補綴物のケアを促し、患者の期待に応えるためには、患者の教育と指導が不可欠です。

臨床トピック

Implant prosthetics
Biomechanics and occlusion
Removable prosthetics

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

アタッチメントの選択

弾性的なアタッチメントか固定されたアタッチメントか、という義歯治療の異なる目的の優劣については、議論の余地があり、また経験に基づくものです。弾性的な維持装置は、それがインプラントを過重負担から保護するであろうという前提で推奨されていますが、オーバーデンチャーを支持するインプラント2本を下顎に有する患者の生体内測定では、ある種類の固定装置またはアタッチメントが別のものより優利であることは示されませんでした。一部の医師は、バーアタッチメントの機構がインプラントと義歯支持組織の間の荷重負担により効果があると固く信じていますが...

Prosthetic materials
Implant prosthetics
Biomechanics and occlusion
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

患者の期待への対処

多くの患者が理想的な審美的および機能的転帰を期待しているため、患者の期待に応えるために治療計画の段階で適切な準備を行うことが不可欠です。また、補綴物の挿入やフォローアップを支障なく進め、患者を満足させるためには、折に触れて患者の期待を治療前の期待に対して調整し直すのが有効です。患者はたいてい審美的な問題から不満を抱くようになります。使用する材料や補綴物のデザインの範囲内で対応できる問題点がどれかを判断するためには、歯の色調、形状、テクスチャー、位置および角度について改善することが可能かどうか、医師と患者が腹蔵なく話し合うことが不可欠です。

...
Aftercare / follow up
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントオーバーデンチャーのメンテナンス

オーバーデンチャーを使用している患者にとって、系統的な定期的リコールの目的は3つあります。

  • オーバーデンチャーをチェックし、義歯の微調整、維持、安定性、咬合調整および使用中のアタッチメントシステムのメンテナンスを行います。
  • インプラント周囲の辺縁骨およびインプラント周囲の軟組織をモニタリングします。
  • 口腔衛生のレベルをコントロールし、調整すします。

 

これまでに発表されている長期報告によれば、よくあるのはマトリックスのアクチベーションおよび交換です。また、数年後に頻度が増えるのは...

Aftercare / follow up
Removable prosthetics

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。