Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

補綴物テンプレートを用いたセミガイディッド・サージェリー

Key points

  • 補綴主導型アプローチ
  • フルガイディッド・サージェリーのためのCAD/CAM製ドリルガイドに比べると安価
  • フラップレス手術には不適

臨床トピック

Guided Surgery
Edentulous treatments

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

Radiology
Digital workflow
Guided Surgery
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

一般的注意事項

正確なインプラント計画の作成は、最善の補綴転帰を得るための第一歩です。フィッティングが良く、デザインも良好な義歯であれば、治療計画や術前の分析にそのまま使用することができますが、そうでない場合は、新しい人工歯排列とモックアップを作製しなければなりません。咬合高径、歯の位置および軸、オーバージェットおよびオーバーバイトに加え、リップラインやスマイルラインといった審美的パラメータも評価します。インプラント手術は常にサージカルテンプレートを用い、完全無歯顎のような複雑な症例に対してはサージカルテンプレートを用いて行います。

サージカルテンプレートを用い

...
Guided Surgery
Edentulous treatments
Diagnosis and treatment planning

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。