Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

3420 Placement of implant - height

Key points

  • Implants can be placed supra-, equi- and subcrestally
  • After implant placement bone remodeling processes take place and a periimplant soft and hard tissue interface is established
  • Implant insertion depth is dependent on implant collar design and implant surface treatment

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

傾斜埋入インプラントの目的

傾斜埋入インプラント埋入コンセプトの主な目的は、上顎および下顎無歯顎のインプラントベースの補綴修復であり、移植術を回避することにより、固定式全顎補綴修復のために、より単純かつ低侵襲性の代替治療を提供することです。無歯顎患者のインプラントベースの補綴修復は、カンチレバーの長さの短縮により最適化されています。

治療コンセプト

無歯顎患者にみられる垂直寸法の減少(図3)は、上顎および下顎のsagittal projectionの減少(図2)を引き起こします。これにより生じるpseudo-progenyは、傾斜インプラントの後方傾斜(前後寸法...

Edentulous treatments
Implants in compromised sites
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントのデザイン

現在市販されているインプラントのほとんどは、ブローネマルク博士が最初にデザインし、「フィクスチャー」と命名したスクリューのバリエーションです。これが現在市販されているさまざまな製品の開始点であり、インプラントの素材、サイズ、肉眼的および顕微鏡的特性といった要素が組み込まれています。これらはすべてコマーシャリーピュアチタン(ブローネマルクが最初に選択した素材)、スレッド付きデザインおよび適度な粗面に依拠しています。インプラント埋入のためにさまざまな天然または至適修飾された宿主部位を活用する多種多様な治療計画に対応するため...

Implant designs
Implant surfaces
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

インプラントの成功要因としての挿入トルク値

挿入トルクは、インプラント埋入時の骨の抵抗を表します。トルクが低すぎると、機械的初期固定が弱くなり、トルクが高すぎると、インプラント周囲に無血管性骨壊死を引き起こすため、インプラントの挿入トルクを注意深くモニタリングし、調節します。

挿入トルクと初期固定

初期固定は、インプラント床において臨床的に検出可能なインプラントの動揺が認められない状態として定義することができます。オッセオインテグレーションを誘導し、インプラント治療を成功させるためには、初期固定を確立することが不可欠です。初期固定の客観的代理指標の1つは...

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。