Skip to main content
icon-treatment_guides_article
Treatment guides

骨移植, 下顎

Key points

  • 萎縮下顎無歯顎の前歯部おいては、骨高径5~6mm以下および骨幅6mm以下の場合は、インプラント埋入のための骨増生術を行う必要があります。
  • 骨移植には自家骨ブロックを使用します。
  • 術創を十分に治癒させ、骨移植片を癒合させるためには、骨増生部をテンションフリーの軟組織で被覆する必要があります。
  • 骨移植後は軟組織および硬組織の変化を検討し、必要に応じて口腔前庭形成術により軟組織の改善を行います。

臨床トピック

Edentulous treatments
Implants in compromised sites
Bone grafting and regeneration

Related articles

icon-treatment_guides_article

Treatment guides

移植の適応-解剖学的見地

解剖学的視点から考えた場合、移植の主な適応は以下の3つです。

 

  • 垂直方向の骨不足
  • 水平方向の骨不足
  • 局所的な骨不足

[[{"fid":"6443","view_mode":"half_width","fields":{"format":"half_width","filename_field[en][0][value]":"2375-need-for-grafting.png","field_file_image_alt_text[und][0][value]":"","field_file_image_title_text[und][0]...

Radiology
Bone grafting and regeneration
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

適応症

上顎無歯顎では、隣接する解剖学的構造(鼻孔底、上顎洞)のためにインプラント挿入が制限されることがあります。骨高径5~6 mm以下および骨幅6mm以下の場合は、インプラント埋入前に骨増生術を行う必要があります。

上顎前歯部

上顎前歯部における垂直的または水平的骨増生のための第一選択は、自家骨ブロック移植です(図1)。代替として同種骨ブロックを用いた移植術にも関心が集まっていますが、未だエビデンスが少ないため、現時点では推奨されません。顎堤骨移植後 4~6ヵ月の治癒期間を置き、2回目の手術でインプラントを埋入します。

[[{"fid":"6474","view...

Bone grafting and regeneration
Sinus augmentation
icon-treatment_guides_article

Treatment guides

歯槽堤の吸収/縮小

抜歯後、残存歯槽堤の頬舌側および垂直的に骨量が減少します。それに続く吸収は進行性であるため、顎の基底骨(basal jaw)に影響が及ぶこともあります。下顎では、下顎神経が歯槽頂部に位置するようになる場合があり、その場合、義歯装着者は痛みを感じます。

歯槽堤高さの減少は、上顎無歯顎よりも下顎無歯顎においてはるかに多く見られます。長期間の義歯装着、性別、BMIが歯槽堤吸収の増加と関連がある一方、年齢は関連がないようです。骨粗しょう症の歯槽堤吸収への有意な影響はまだ示されていませんが、専門機関の最近の研究では...

Radiology
Systemic factors
Patient assessment

Questions

ログインまたはご登録してコメントを投稿してください。