Andrea Ricci_NY 2013_pj2_FOR_Japanese

Only 5 minutes will be shown, click here to sign up for a free account to see the full video.

ハイライト動画

  • : ぺリオの問題がある部位について特別に考慮すべきポイント
  • : 包括的な診断分析と治療計画
  • 軟組織移植と骨増成テクニック
  • プロビジョナルと最終補綴物のデザインについて
  • ニューヨーク シンポジウム2013 にて発表

説明

審美的な結果を得るためには、ピンクの組織と白い組織の調和をはかることが目標となります。
通常これはぺリオの問題をかかえるケースにとって、より大きな課題となります。
Dr. Ricciは、健康な患者とぺリオの問題がある患者を修復する際の違いについて、外科および補綴治療の手順、治療の流れ、考慮すべき点や相違点、また特異な点を述べています。また、CBCTを用いた治療計画、軟組織の分析やモデルベースの分析が重要であるとも述べているように思われます。Dr. Ricciは、結合組織移植やGBRのテクニック、特有な手術についてのアイデアを示しています。ぺリオの問題がある患者では、通常とは異なる組織反応があり、不十分な骨の量や高さ、術後感染の危険性など、複数の問題を考慮する必要があり、治療の進め方を何度も評価し直すことが重要です。

More...

臨床別テーマ

Please login to view comments