japanese_Ricardo Mitrani_NY 2013_pj2_FOR

Only 5 minutes will be shown, click here to sign up for a free account to see the full video.

ハイライト動画

  • 軟組織構造上の3次元的インプラント・ポジションの影響
  • 治療計画のアルゴリズムの探求
  • 生体測定識別肢と歯を失った原因のリスク評価
  • ニューヨーク シンポジウム2013 にて発表

説明

特に審美領域において、連続する複数のインプラントの治療は単数インプラントの治療よりもかなり複雑です。この講演では、治療計画にとって重要である臨床状況について:治癒した部位 vs 抜歯部位、前歯 vs 臼歯領域、上顎 vs 下顎、歯を失った原因、審美性についてディスカッションしています。Dr. Mitraniは様々な症例を挙げ、リスクマネジメントの観点からまとめ、評価をしており、また歯を失った原因と治療における生体測定識別肢の影響や軟組織構造上の3次元的インプラント・ポジションの影響、軟組織構造の予測可能性、審美性におけるリップラインの影響、補綴修復オプションについて述べています。

More...

臨床別テーマ

Please login to view comments